心がおれそうになりつつも、がんばるぞー

2016.09.16 Friday

0

    こんばんは。めずらしく心がおれそうな、ひなたざかの母です。

     

    りんごが色づき始める秋、いつも以上にりんご畑にいくのが嬉しくなります。
    木にたくさんのりんごが実っているのを見ると、あともう少しで美味しいりんごが収穫できる!と。

    ところが、今年のりんご畑は…
    今まさに、日ごとに色づくりんごに囲まれて嬉しくてたまらない時期になったというのに、りんご畑にくるたびに悲しい気持ちになってしまいます。

    というのも今年は動物たちによる食害がひどく、たくさん実っていた果実や、葉っぱまでが、かなりの範囲で食べられてしまったからです。
    悲しんでる場合じゃない、残っているりんごだけでも手入れをしてやらないと、とりんご畑にくるものの、あまりのひどさに、心がくじけそうになります。

    毎日お客さまから嬉しいりんご注文のファックスやお手紙が届いても、嬉しい反面、果たしてりんごが足りるのか??とても不安になってしまうのです。

    悩んでたってしょーがない、なるようになるさ!家族みんな元気なんだから、それが一番!
    と思いたい自分と、すっかり心が折れてしまった自分がいて、なかなか立ち直るのは難しそうです。
    あんなにがんばってお世話をしたこと、それはどうでもよくて、ただただ楽しみにしてくれているお客さんたちをがっかりさせてしまうことはしたくないなぁ、とそれだけです。

    そんな風に母がくよくよとしているのを感じたのか、お腹の赤ちゃんが28週目にして、またも逆子です。
    前回なおらないままで出産になってしまっただけに、それもまた不安だったり。
    でもとっても元気な赤ちゃんで、昨日も助産所で元気な心臓の音をきいてきました。
    頭を下にしておくれね〜 母も元気にがんばるからさ。
    また日々のお灸と逆子体操が始まりました。

    今回のブログはなんだか暗〜くなってしまいましたが、先週末はオットくんのお友だち家族がたくさん遊びにきてくれて(大人10人、子ども6人)、にぎやかに楽しく過ごしました。
    子どもも楽しかったし、大人も楽しい夜の時間が過ごせて、よかったなー。

    いそがしくてなかなか遠出ができない分、こうして会いにきてもらえるのは嬉しいです。

    お土産のケーキは、我が家のみんなの顔つきで、ビックリ!

     すごい〜〜〜

    涙もろい私は、じつはほろりと泣きそうになったのですが、なんとか持ちこたえました。

    よーし、また頑張ろう!
    なんとかなるさ。
    元気をだして、えいえいおー。

    コメント
    コメントする