秋の雨降りがつづき、栗をむきむき。

2016.09.21 Wednesday

0

    こんにちは。

    台風ですね。雨が続きますね。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

    お山の上のひなたざかの家では、連日の雨で稲刈りの予定も立たず、困りきっています。

    このままだとお米の脱穀とりんごの収穫の時期が一緒になりそうで、10月はかなりの忙しさになりそうです。

     

    オットさんは雨の中も外仕事にいってしまいましたが、わたしは一応妊婦なので、からだを大事に、家にこもっております。

    家にこもって、せっせ、せっせと栗をむいていました。

    栗拾いにいかずに、直売所にでていた栗を買ってきて、ずーっと栗むきをしておりました。

    いやー、栗の皮をむくのは大変なことですね。

    いつもは渋皮煮にするので、鬼皮だけむいていたのですが、今年はおせちの栗きんとんにいれたいと、栗の甘露煮をつくろうと思ったのです。

     

    国産の栗の甘露煮の高いこと、高いこと。こりゃあ、自分でつくるしかない。瓶詰めだ。

    と昨年も一昨年もおもってきて、ようやく今年やってみました。 この時期に雨が続いたもので…

     

    渋皮をむくのの大変なこと、思った以上に時間がかかりましたが、できました!

    皮をむいてしまえば、煮たり、瓶詰めしたりは、あっという間。

    image.jpg

    見た目はイマイチですが、おいしくできました。

    でも皮むきが大変なので、来年からはやっぱり渋皮煮かな…こちらは煮るのがちと手間ですが。

     

    栗の皮をむいていたら、お隣の文子さんが、畑で枝豆をごそっとぬいて持ってきてくれました。

    いつもありがとう。

    我が家の食卓は、いつも文子さんの畑の野菜たちで彩られているのです。

    今年の夏もトマトにきゅうり、なす、ピーマン、ゴーヤ、夕顔、おくら、みょうが、カボチャ、たーくさんいただきました。

    75歳を超えていますが、この大田原での一番のお友だちです(^^)

    枝豆は鮮度が命、さっそくぷちぷちもいで、大鍋でゆでました。

    image.jpg

    もぎたて、ゆでたての枝豆のおいしいこと。

    食べる手が止まらん〜

    子どもたちが帰ってくるとあっという間になくなってしまうので、保育園にいっている今のうちに。

     

    天気がよくなったら、ものすごーーーく忙しくなるのがわかっているので、のんびりできるうちに体力温存しておこう。

    栗を食べつつ。豆を食べつつ。

    コメント
    コメントする