子やぎのメリー

2016.04.27 Wednesday

0
    2016042514220000.jpg   2016042514220000.jpg
    かわいい子やぎを飼い始めました(^o^)

    メリーさんのひつじ♪ではなくて、子やぎのメリーちゃんです。

    人なつっこくて、寂しがり屋なので、すりすり寄ってきてとてもかわいい。
    ついつい時間を忘れて、メリーと遊んでしまって困りますが…

    我が家の4番目の子どもです。
    お近くの方、ぜひメリーに会いに来てくださいね〜

    いそがしい春がきた〜 スタートに失敗。

    2016.04.17 Sunday

    0
      こんばんは。
      ひなたざかの母です。 
      九州の地震は、大変なことですね。
      これ以上被害が大きくならないように、早く被災者の皆さんが穏やかな暮らしを取り戻すことができますように、祈っています。

      寒い寒い長野にも春がやってきました。
      暖かくなると、急に忙しくなる農村。我が家もスタートダッシュに間に合わなかった感のあるものの、つんのめりつつ、なんとか一生懸命に毎日を過ごしてます。
      4月から八百くんが午前中に保育園に行き始め、わたしも働き始めました。すっかり体がなまりきっております!

      オットさんは、お隣さんにびっくりされる猛スピードで稲の苗用のビニールハウスをはり、わたしも中の草をやっつけたりなどして苗間を準備、筋蒔き(稲の種まき)までなんとか終えることができました。
      あとはオットさんが管理をするので、わたしがすることは、無事に芽が出て、いい苗が育つことを祈るのみ・・・

      今日はお友だちも一緒に、1年に1度のお味噌しこみ。
      お味噌作りは前からの準備がけっこう大変で、木曜から2晩かけて麹さんを仕込み、自家製のお豆を洗ってひたして、昨日は大きなお釜で一日かけての豆煮。
      豆をつぶして、お塩をまぜて、麹をまぜて、みんなでよーくよーく揉んでまぜて、桶にいれました。
      熟成して食べられるようになるのは、秋ごろかな?
      オットさんが写真入りのブログをアップしてくれる予定なので、お楽しみに〜
      麹さんの仕込みも、お布団に寝る麹さんをやさしくお世話をして、濃密なときを過ごすので、なかなか楽しいです。
      あの独特の匂いにつつまれるのも、また1年後。
      塩麹、つくり忘れた!!

      りんご畑はといえば・・・
      まだ冬に剪定した枝の片づけを続けています。
      この時期にそんなことをしていちゃいけないのですが、もうあとわずか。明日には終わる予定。
      冬の間にすっかり体がなまりきり、りんご畑の坂を上り下りするだけで息切れするしまつですが、もう花も咲きそうなことだし、がんばります!
      りんごの花が咲いたら、いよいよ忙しくなるぞ〜

      授乳中の読書タイム

      2016.04.04 Monday

      0
        こんばんは。
        ひなたざかのかーちゃんです。
        おいしいコーヒー豆をもらったので、ドリップでコーヒーを楽しむ毎日。飲み始めるとやめられない。
        で、この前、夜に飲んだら、目ががんがんに覚めてしまって、寝たいのに眠れなかった。
        本当にそういうことってあるんですね・・・びっくりした・・・カフェインですな。

        あっという間に新年度ですね。保育園も入園式があり、我が家の3人の子どもたちも楽しく通い始めました。
        八百くんは離乳するまで午前中だけ保育園にいく予定ですが、はてさてどうなることやら・・・
        慣れるまでは子どもたちも先生も大変そう。先生、どうぞよろしくお願いします!

        八百くんも1歳になり、授乳ももうあとわずかなのかなぁ、と思うとちょっとさびしい。
        なにしろ授乳というのは、赤ちゃんとの特別な時間なのです。
        なにかホルモンが分泌されるのか?あの幸福感は、どういったことなのだろう。
        そして、3人目となると、ただひたすらに幸せをかみしめているわけではなく、授乳タイム=わたしの時間、読書タイムとなり、本当にかけがえのない時間です。
        1回15分ほどの時間ですが、その時間が貴重なもので。
        短い時間なので、エッセイなどの軽い読み物をすることが多いです。

        翻訳家の石井桃子さんや、清水真砂子さん。時代を超えて、わたしにめちゃくちゃに語りかけてきます。心の友だち。
        武田百合子さんの日記もの。おもしろいねー。
        最近よんだのは「100万回生きたねこ」の、佐野洋子さん。このひとは激しい。すごい。友だちになりたくない。
        川上未映子さんも母となり、それまでのエッセイもおもしろかったけど、「きみは赤ちゃん」とかね。でもやっぱり昔の人たちのほうが共感できる部分は多いのはなぜ。
        エッセイじゃないけれど、アゴタ・クリストフさんの悪童日記からつづく3部作もすごかった。
        こうやって書くと、わたしはバカだから、面白いとか、すごいとかしか書けないことがわかった。こりゃダメだ。

        ふだん読む本は図書館から借りてくるか、(どうも読書家らしい)オットがなにか本をもってきてくれるのですが、大分嗜好が変わったように思います。
        前は内田百里箸読まなかったもん。おもしろいけど・・・

        あたたかくなって、農家にはまた忙しい季節がやってきます。
        冬は授乳中以外にも読書を楽しむ時間があったけれど、それもまたしばらくはさよなら。
        仕事に精をだしてがんばります。えいえいおー。

        こんな時間だ。はよねよ。
        おっぱいやめれば八百くんも夜もっと寝てくれるようになるんだろうな。
        5時間、いや、3時間でいいから連続で寝てみたい。って、ここ何年かいっつも思っている気がしております。
        おやすみなさーい。

        お洗濯改革

        2016.03.24 Thursday

        0
          こんばんは。
          しょうしょう酔っ払いの、ひなたざかの母です。
          1月から3月はわたしはお仕事おやすみ、夜もオットと映画をみたり、お酒を飲んだりと楽しんでおります。
          冬以外は朝もはよからがんばって働いていて、夜も早いうちに子どもと一緒に寝てしまうのです。
          夜の時間、すばらしい。

          八百くんももうすぐ1歳。
          なのに、新生児なみに夜に起きる。糸ちゃんももうすぐ3歳。それでも夜起きる。
          アトピーで、かゆくて起きる。
          かわいそうだ・・・

          うちはオットと子ら3人、つまり私以外みんなアトピーさんです。
          アトピーをやっつけたい!と常々おもっており、食べものなど、気を使っているつもりではいるのですが、この冬、洗濯を改革することにしました。

          今までも合成洗剤はつかっていなかったのですが、粉石けん洗濯と、炭酸ソーダでのアルカリ洗濯にチャレンジすることにしたのです。
          なんだか粉石けんでの洗濯は難しそうで躊躇していましたが、えいやっと始めてみれば、そんなに大変でもなく、気がつくとむしろ「洗濯」にはまり気味のわたしがいました。
          わたしがハマるきっかけとなり、お世話になっているサイト、石鹸百貨http://www.live-science.com/
          すばらしい〜
          環境にもよさそうですしね。そうだそうだ。いいぞいいぞ。

          普段の洗濯はアルカリ洗濯で、これは炭酸ソーダをいれてつけ置きしてから洗うだけ。
          そして問題の粉石けんでのお洗濯は、予洗い(洗濯機で洗い+脱水)→洗面器で泡立てた粉石けん投入→普通に洗濯(すすぎ3回)
          時々、酸素系の漂白剤でのお洗濯。これは、黒かび防止をかねて。
          という風にやってみております。
          粉石けんでの洗濯、ちゃんと泡立っているかを確認すると、もこもこもこ〜〜っと泡泡になっているのを見ると、気分もすっきりします。なんか気持ちいい。

          季節のうつりかわりのこの時期、アトピーさんは大変です。
          はよよくなーれ。

          干しもの

          2016.03.22 Tuesday

          0
            こんばんは。
            みなさん、お元気でしょうか。
            わたしはだらけた生活がたたってか、どうも体のあちこちにガタがきている感じで、なんともいけない。

            あたたかくなったり、寒くなったり、先週末は東京で法事があって家族で2泊3日東京で過ごし、帰ってきたら雪が積もっていた。
            でも昨日・今日のこの暖かさで、一気に雪も解け、昨日干した大根もすっかりぱりぱりに乾いていた。
            わたしは信州で暮らして初めて、「切り干し大根」が切って干した大根だということを知った。
            それで、毎年この時期になると、冬の間で食べ切れなかった大根をせっせと切って、せっせと干すようになった。
            ここに住んでいると、近所のみんなが大根をくれる。あわせれば、何十本たもなるくらい。
            干せばかさも減るし、保存もきく。
            すばらしい。

            りんごも干す。前は煮て干していたけれど、最近は蒸してから干す。
            りんごは保存する間もなく、あっという間になくなってしまう。子や、私のおなかの中におさまってしまう。

            冬の間に保存食をつくるのも、楽しいひととき。


            先週に更新しようとしていたブログを更新します。ポチリ。

            冬すごし

            2016.03.07 Monday

            0
              ついこの前お正月がきた!と思ったら、もう3月。
              ひなたざかの母です。子どもたちもとても元気ですよ。
              今年の冬は雪も少なく暖かく、6回目となる山の家での冬すごしは、今までで一番ラクに暮らすことができました。
              でも不思議と暖かいなら暖かいで、嬉しい反面「こんなに暖かくていいんかや〜、自然環境とか農作物とかどうなってしまうんだろう?」と思ったり。
              またそり遊びをしよう。と思っていたのに、うかうかしているうちに、雪も解けてしまった・・・
              うーん。
              寒いのは苦手だけれど、やっぱり冬は冬らしくしてもらわないと、困るなぁ。

              りんごの作業も終わっての、冬。
              オットさんは毎日、りんごの木の剪定やらなにやら、いまはお醤油しぼりにもいっているし、家の改修もせっせとやり、さらには家事・育児までやってくれます。
              すばらしい。
              で、わたしはといえば、もうすぐ1歳になる八百くんと遊んでいます。
              農作業で忙しい時期は、冬になったらあれをしよう、これをしようと考えてうきうきとしていたのに、実際のわたしは、のんべんだらりと子どもと遊んでいるだけの日々です。
              合間にときどき家事をしたり、青色申告の作業をしたり、豆の選別をしたり、保育園で必要になる袋とかカバーをつくったり、ジャムをつくったりしつつ、のんびりとしています。
              あとは部屋の模様替え。これはなかば趣味なのだけれど、図書館で収納やインテリアの本を借りて読むのが好きなわけです。
              それで、この家をより快適に暮らせるように、と日々ちょこちょことモノを動かしています。
              でも、こんなに収納に詳しいはずの私の家が、いつも散らかっているのはなぜなのだろう。
              不思議だ。

              こんなにぐでぐで過ごしていることをブログで公表するのも恥ずかしいので、だまっておきたかったのだけれど、やっぱりたまには更新しなくては・・・と一念発起して、かいてみました。
              本当は、去年オットさんが買ってくれた新しいミシン(←自慢)で、いろいろ作ったりしたいなぁ。
              あとこの前たまたまみた刺繍の本がとてもすてきだったので、刺繍もしてみたい。
              と思いつつも、わたしは明日はきっと大量に大根を切って干したりなんかしているのだろうな。

              そんなものだな、毎日は。

              本年もよろしくお願いします。

              2016.01.29 Friday

              0
                こんばんは。
                寒い日がつづいています。
                それでも、去年やおととしの冬に比べれば雪も少なく、穏やかな冬のようです。除雪の出動もあんまりなくて、早起きもせずに済んでます。

                さて、昨年暮れのサンふじですが、収穫をしてみたらこの3年でいちばんの豊作になりました。
                収穫作業が追いつかずに、一部で発送が遅くなってご迷惑をおかけしました。すみませんでした。
                おかげさまで、年が明けてからも家庭用りんごのご注文をたくさんいただき、晴れて完売となりました。
                たくさんのご注文、ありがとうございました!

                りんごの発送と平行して、剪定の作業も始まっています。
                昨年にたくさん収穫できた分、ゆり戻しで今年の収量が減るのではないかと実はちょっと心配です。
                なるべくそうならないように…!と、考えながら剪定を進めています。
                今月半ばからは畑も雪の中になっていて、長靴の中の足先もつめたいですが、この仕事はけっこう好きで。
                またおいしいりんごが実りますように。

                それでも1月は仕事も落ち着いたので、お正月といえばやっぱりハワイ…!?
                ということで実家の母、兄弟といわきのスパリゾートハワイアンズへ。
                姉ぇねふたりは大はしゃぎ。あろは〜。


                八百っちも、フラダンスショーに釘付けでした。

                「すげえ」と言いたげ。

                その後、僕はふた晩ほど友人と酒を飲んでから長野に戻り、妻子は10日ほど東京に里帰りしていました。
                つかの間の独身生活でしたが、やっぱり山の家に一人暮らしは寂しかったです。あと寒かった。
                里帰りのことはまた妻がここにも書くんじゃないかと思います。
                1年のうちでも、ちょっと息抜きができる時期ということで、夫婦で本読んだり、映画(DVDですが)観たりもしています。
                アゴタ・クリストフの「悪童日記」三部作すごかった!慣れていませんがそんなこともまた書けたらいいなぁ。

                年が改まってはやひと月。すっかり遅くなってしまいましたが、本年も家族一同よろしくおねがいします。

                サンふじ発送はじまり、そして初雪

                2015.11.28 Saturday

                0
                  こんばんは。
                  今年はずいぶん暖かいなぁ、と思っていたら、突然に冬がやってきました。
                  寒い!そして昨日初雪が降りました。
                  りんご畑のあたりでの雨が、家に帰ろうと山道をのぼっている途中からだんだんに雪になり、家に着くころにはすっかり雪景色。
                  子どもたちは大喜びで「寒いから家にはいろ〜」という大人の声も聞こえない様子で、さっそく雪遊びをしていました。
                  あああ、いよいよ、また冬がやってきました。

                  あまりの寒さにひゅーひゅーする破れた障子(子どものしわざ)をバーバとせっせと直し、オットさんは窓にビニールをたらし、冬支度。寒くなる前にやればいいのに、いよいよダメになってからバタバタ用意する我が家・・・
                  毎年のこと、わかっちゃいるのですが(^^; やれやれ。

                  それにしても、寒いのは苦手だけれど、雪景色の美しさといったら。
                  日本の四季を感じられる場所で生活できることはとても嬉しいです。
                  今日はいいお天気だったので、ほとんど雪はとけてしまいましたが、美しさに感動する前に、そう!本格的に雪が降る前にりんごを収穫しなくては〜
                  急げ〜〜!!

                  と、今日もりんごをせっせと収穫しました。「ぐんま名月」と「サンふじ」です。
                  いまは天気のいい日は収穫、悪い日は選別と発送作業をしております。
                  注文をいただいた順に少しずつ発送をしているところです。
                  りんごは、とってもみずみずしくて、おいしいです!

                  昨日バーバが長野に到着したので、しばらくはお子守してもらえて安心。
                  バーバのいない1週間は8ヶ月の八百くんをおぶっての作業、重たい荷物(10kg)を背負い、なにかのトレーニングのようでした。ふう。
                  保育園がお休みの日は小花や糸ちゃんもお手伝いしてくれます。
                  とくに年中さんの小花ちゃんはりんごとりが上手になってきて、頼もしい。小学生には本当に戦力になってくれるかも・・・期待してるよ!
                  じいじ、義弟、お友だち、遠方からの助っ人にも大感謝。

                  もうすぐ12月ですね。
                  おいしいりんごを皆さんに楽しんでもらえるよう、がんばります。

                  おやすみなさーい。

                  黄色いりんご

                  2015.11.08 Sunday

                  0
                    こんばんは。
                    今日はひさしぶりに、というかほぼ初めて?というくらいの感じで、子どもたちを連れて家族で子どもの遊び場にお出かけしてきました。
                    大人がいきたいところに子どもを一緒に連れて行くことはあっても、子どものために!子ども主役の場所にいく、というのはほぼ皆無だった我が家。
                    「家族サービス」っちゅーものをしてみる、と張り切る(?)とーちゃんと、おもちゃ王国という子どもスポットに行ってみました。

                    たまには子どものために、っていうのもいいもんだなー。と思う気持ちもあるものの、やっぱり「大人がいきたいところ」に子どもも連れて行く、というほうが、我が家っぽいかな。というのが正直な感想だけれど、楽しそうな子どもたちをみるのはやっぱり嬉しかったです。
                    でも子どもだまし、ってーかなんちゅうか、、
                    帰りに温泉にいって、イタリアンで盛りがいいお店なのを忘れて注文しすぎてたらふく食べて、すっかりおなかいっぱいになって帰ってきました。
                    楽しかったー。とーちゃん、ありがとう(最近よんでる武田百合子さんのマネ)。


                    さてさて、りんご畑はといいますと。
                    ふじも大分色づき始め、葉つみの作業。
                    葉つみとはいえ、玉をまわしたり、枝を整理したりなどして、りんごにたくさんお日さまが当たるようにして、ほとんど葉はとらずに作業しています。
                    作業中にころんと落っこちてしまったのは、味見用のりんご。割ってみると・・・
                    2015110510070001.jpg
                    おおお!!!
                    もう蜜がはいってきてます!おいしそ〜〜 ぱくっっ

                    んまい!!

                    ってな感じで、りんご畑の作業には包丁がかかせません。もぎたて(落ちたて?)のりんごを食べられる幸せ。
                    りんごをつくっていてよかったなぁ。しみじみ。

                    そして、王林やシナノゴールドも収穫が始まっています。
                    2015110510070000.jpg

                    王林はまだ青いのもあって、熟したのからとっていますが、独特の香りがあって、なんともおいしい。
                    ゴールドもパリッシャキッとしていて、酸味もちょうどよくて、おいしいりんご。ボケにくくて日持ちするので、晩生種の詰め合わせのセットでも楽しんでもらえます。

                    これからいよいよ忙しくなってきますが、がんばるぞ〜!

                     

                    ようやく、一息

                    2015.10.25 Sunday

                    0
                      こんばんは。ひなたざかの母。
                      5年前は母じゃなかったのに、いつの間にか、3児の母。
                      前回のブログ更新より、はや2週間。
                      今回は、けっこう早く更新できた!って感じがしたのに、もう2週間も経っていたのか・・・時が過ぎるのの早いこと。

                      この2週間は稲の脱穀、りんごの収穫、りんごの選別・出荷と、目まぐるしい忙しさだった。
                      といっても、うちにとっては忙しい感じだっただけで、みんな日々ものすごく忙しく生きているのだろうか。
                      最近いなかのペースに慣れすぎて、都会の暮らしの時間の経ち方をすっかり忘れてしまった気がする。
                      この前、東京に住む父が手伝いにきてくれていた時にふと、「こっちはのんびりしているなぁ」ともらして、えっ、そうなの??と思ってしまった。
                      わたしとしては、せっかく田舎に暮らしているんだし、もう少し心のヨユーを持って、ゆっくりとやっていけたらいいと考えていたのだけれど。
                      これは、すでに、のんびりだったのだろうか。
                      でもうちにとっては、忙しい2週間だった。

                      それで、りんごの発送がひと段落したので、この週末は子らとのんびり過ごそうと思った(オットはお仕事)。
                      思ったのだけれど、3人の子ら(5、2、0歳児)と一緒にすごすということは、それだけで「のんびりと」はいかないことを知った。
                      いや、知っていたのだけれど、再確認した。
                      楽しいのだけどね。
                      大変です。

                      20151025105730.jpg
                      夏以来、久しぶりに髪をきったり。
                      外で切るには、風が強すぎた。すごい顔。いつものように、前髪をパツンとやりました。

                      そうそう、ちょっと前の2歳児・糸ちゃんとのおしゃべり。
                      糸「おかーたん、赤いジューチュつくった」←おままごと
                      母「おいしそうだね。赤いジュースは、なに味なの?」
                      糸「うんとねー、黄色い味」

                      あ〜、おちびさんはかわいいなぁ。