ようやく、一息

2015.10.25 Sunday

0
    こんばんは。ひなたざかの母。
    5年前は母じゃなかったのに、いつの間にか、3児の母。
    前回のブログ更新より、はや2週間。
    今回は、けっこう早く更新できた!って感じがしたのに、もう2週間も経っていたのか・・・時が過ぎるのの早いこと。

    この2週間は稲の脱穀、りんごの収穫、りんごの選別・出荷と、目まぐるしい忙しさだった。
    といっても、うちにとっては忙しい感じだっただけで、みんな日々ものすごく忙しく生きているのだろうか。
    最近いなかのペースに慣れすぎて、都会の暮らしの時間の経ち方をすっかり忘れてしまった気がする。
    この前、東京に住む父が手伝いにきてくれていた時にふと、「こっちはのんびりしているなぁ」ともらして、えっ、そうなの??と思ってしまった。
    わたしとしては、せっかく田舎に暮らしているんだし、もう少し心のヨユーを持って、ゆっくりとやっていけたらいいと考えていたのだけれど。
    これは、すでに、のんびりだったのだろうか。
    でもうちにとっては、忙しい2週間だった。

    それで、りんごの発送がひと段落したので、この週末は子らとのんびり過ごそうと思った(オットはお仕事)。
    思ったのだけれど、3人の子ら(5、2、0歳児)と一緒にすごすということは、それだけで「のんびりと」はいかないことを知った。
    いや、知っていたのだけれど、再確認した。
    楽しいのだけどね。
    大変です。

    20151025105730.jpg
    夏以来、久しぶりに髪をきったり。
    外で切るには、風が強すぎた。すごい顔。いつものように、前髪をパツンとやりました。

    そうそう、ちょっと前の2歳児・糸ちゃんとのおしゃべり。
    糸「おかーたん、赤いジューチュつくった」←おままごと
    母「おいしそうだね。赤いジュースは、なに味なの?」
    糸「うんとねー、黄色い味」

    あ〜、おちびさんはかわいいなぁ。

    母はよぼよぼ。 りんごの収穫せまる

    2015.10.11 Sunday

    0
      こんばんは。
      連休ですね。子らと、濃密なとき。すでにへとへとです。
      世のお母さん、お父さんたち、がんばっていますか?

      連休があると、保育園やらにいく子どもがいるような家では、一般的には、仕事がおやすみで体が休まるのだろうか?
      わたしのように、子らの世話でくたびれてる人たちもいるのだろうか。
      なんかみんな、嬉しそうな感じがするのだけれど。
      子らとの時間はもちろん楽しいのだけれども、大変です。

      5歳児は、妹と弟の存在で、驚くほどに姉さんになったと思う。
      問題は、チビ2人だ。2歳と0歳のうち、特に2歳児だ。1番かわいいのだけれど、1番問題だ。
      母さんは、よぼよぼです。

      さてりんご畑では、中生種の収穫まで、あとわずか。
      2015101122070000.jpg
      色づきがよくなるように、玉をまわしたり、枝を整理したり。
      ちゃんと葉からの養分で味がよくなるように、葉つみはひかえめにして、作業をしています。
      玉まわしをしたときに、ぽろりとりんごが取れてしまうこともあり、それは味見用。
      毎日りんごが食べられる幸せ。
      おいしい!!

      稲の脱穀も少しずつ始まり、新米を発送する準備もすすんでいます。
      楽しみに待っていてくださるお客さんたちにも、喜んでもらえますように!

      秋ですね

      2015.09.25 Friday

      0
        おひさしぶりです!
        ひなたざか農園の母です。
        (農園主もブログをときどき書き込むことにしたようなので、名乗ってみました)

        この前、お正月だと思ったら、もう秋です。
        田植えをしたばっかりと思っていたのに、もう収穫。
        りんごの摘果をしたのも束の間、もう赤く色づいて。

        時が過ぎるのは、あっという間ですね。
        年々早くなってゆく。おそろしや・・・

        それにしても、秋ですねぇ。
        9月にはいってからお天気の日が少なく、稲刈りがなかなかできずに困っているのですが、それでもなんでも、秋です。

        長野は果物がいろいろにとれるので、我が家も買ったわけでもなく、果物がたくさんになって嬉しいです。
        りんごも収穫をはじめました。
        木の数が少なく、出荷は近くの直売所だけでしている、「早生ふじ」と去年接いだ「シナノドルチェ」。
        おいしい!子どもたちもりんご大好きで、小花ちゃんはりんごの皮むき練習中です。

        2本だけあるブドウの木(スチューベンと巨峰)も、たくさんの実をならせてくれました。
        ブドウの木にはってあるワイヤーが、りんごの木に食い込んでいるのを心配したとーちゃんが、今年ブドウ棚をつくった。
        葡萄の木は枯れ枝みたいな木なのに、1本の木でびっくりするくらいたくさんの実をつけるので、やっぱり今年も驚きました。

        毎年食べきれないブドウ。
        もったいないので、今年はジュースとジャムをつくってみました。
        ジャムはまだ煮詰め具合が難しくて、煮詰まりすぎたり、とろとろしすぎたり。
        それでも、自家製ジャムはなかなかのおいしさ。ぶどうもよいねぇ。
        うちのぶどうは何の処理もしていないから、種ありなので、煮てから漉して、それにグラニュー糖をいれて煮詰めました。

        いちじくジャムもつくりました。
        今年のは、赤ワインいり。コンポートも赤ワインで煮てきれいなので、ジャムも煮詰めたワインをいれてみたのです。
        きれいな赤ワイン色になる予定が、なんだか茶色・・・??去年までのベージュ色もどうかと思うのですが、まだこちらも試行錯誤中。

        そして、栗。
        渋皮煮が大好きなので、たくさんつくりました。せっせと皮をむいて。そして、自分で食べる。
        やってる間は「働いてる」感じがしているけれど、自分で食べる。なんちゅーか・・・
        おいしいからいいか!
        今日は、栗のおこわにもいれちゃいました。甘い栗がはいっているのも、なかなか。好き。
        連休中は子どもたちと一緒に、家の近くで栗拾いもしました。
        小さな山栗は洗ってゆでて、半割にして。みんなで必死になってほじくって食べました。

        秋は、いいですね。

        2015092500550000.jpg
        子どもたちも元気いっぱい。
        八百くん、6ヶ月にして、2歳の糸ちゃんとほぼ同じ体重に。でかでか赤ちゃん。
        お隣のじーちゃんに「みずき(私のことです)は何食べてんだ。あんなに赤子でっかくして」。
        ごはんです!
        オットさんとお付き合いしてから、ごはんがおいしくて仕方がないんです^^; 昔は少食だったのになぁ。
        不思議なものですね。

        稲刈りをはじめました。

        2015.09.18 Friday

        0
          朝晩のつめたい風にいよいよ秋めいてきました。
          先日、今年もりんごとお米のご案内をお送りいたしました。早速、ご注文の連絡をいただき、ありがたいと同時に、身の引き締まる思いでいます。

          雨の合間を縫って、稲刈りをはじめました。
          全部で5枚の田んぼのうちの、ひとまずの1枚です。急遽やることにしたので、人手も頼まず、子どもたちを保育園に送り届けてから夫婦水入らずではぜかけをしました。稲穂を見ていたらなんだかお腹がすいてきた、ご飯がたべたいと言ってはしゃぐ妻(写真左)。
          20150915150023.jpg
          毎年のことながら、稲刈りはなんだかお祭りかお祝いのような感じがします。実際にお米を食べられるのは、このあと天日で2〜3週間乾かして、脱穀を待たなければならないんですけどね。ここの田んぼは、草も少なく、比較的うまく育ったところで、仕事もスムーズにできました。だからお祭りとか言ってる余裕があったものと思います。
          ネットオークションで念願の工具セットを購入したので、稲刈り機に結束ひもが絡まったときなども、嬉々として直しながら刈り終えることができました。うれしい。
          20150915153020.jpg
          田んぼのあぜの吾亦紅。先日のあぜ草刈りのときに、刈らずに残しておきました。
          20150915152729.jpg

          しかし、稲刈り作業後も昨日・今日とすっきりしない天候が続き、このままいくと、乾燥にも例年以上に日数がかかりそうです。さらに残った4枚の田んぼは、地面が乾かず稲刈りの段取りもつかない状態で、今年はお米のお届けも少々遅れそうな見込みです。

          お話しかわって、当ひなたざか農園にロゴマークができました!
          知り合いのデザイナーさんに作ってもらって、ほっこりかわいいヤギさん印になりました。ロゴマークが先行してしまっていますが、念願のヤギさん購入に動き出すきっかけにもなりそうです。
          間に合えば、今年のりんごやお米のお届けにも、ひなたざか農園マークの箱とか袋でお送りできればと思っています。
          今後ともよろしくお願いします。

           

          あっという間のこと

          2015.06.08 Monday

          0
            毎日があっという間に過ぎていく。
            子ら3人と遊んでいると、ほんとにあっという間。
            りんごの実もあっという間に大きくなるし、八百くんもあっという間に大きくなった。
            2ヵ月半で、産まれたときのほぼ2倍の体重だ。
            私のおっぱいだけでこんなに育つんだから、びっくり、びっくり。
            ようやく田植えも終わった。
            2015060821270000.jpg
            小花ちゃんと糸ちゃんの写真のようだけど、後ろに田植えをしている父ちゃんが小さくみえる。
            いつもお疲れさま。
            次は田植えをする前の田んぼで、子ども達とどろんこ遊びもしてみたいな。


            この前、面白かった子ども達とのやりとり。
            わたしが小花ちゃんのことを叱った後でのこと。
            小花「もうお母さんなんて、知らない!」
            糸ちゃん、小花にむかって「おかあたん、しってう?しってう??」

            糸ちゃんはなんでねえねがお母さんのことを知らない、っていったのか、本当に不思議だったんだろうな。
            小花ちゃんもそんなことを言うようになるとは、成長したねぇ。
            大笑いしました。

            あっという間に大きくなっちゃうんだから、毎日の子ども達との時間をもっと楽しまないともったいない!と子どもたちが寝てからはそう思うのだけれど、子らが起きている間は、そんなこと思う余裕もなく、やっぱりあっという間に過ぎていくのだよね。

            貧乏だけれど、豊かだなぁ、と思うとき

            2015.05.01 Friday

            0
              家の裏をちょっと歩いていたら、シイタケみたいなのが生えていた。
              で、すぐオットさんに電話してみたら、まぎれもなく椎茸であった。
              仕込むだけ仕込んで、忘れていたらしい。
              いつも種だけまいて、あとの世話をしないもんだから色々とうまくいかないことの多い我が家だが、椎茸はただただ放っておいただけで、にょきにょきと生えてくる。
              収穫してみた。
              2015050115180000.jpg
              直径40〜50cmの大きな金ダライに山盛り。
              すぐに食べる分はとっておいて、あとは干した。

              気をよくして、他にもなにか食べるものはないかと、ウドをみにいくと、生えてる生えてる。
              収穫した。

              昨日はりんご畑にワラビがたくさん生えてた!と義母がたくさんとってきた。
              山菜狩りとか、ただで生えているものを採ってくるのは、本当に楽しいものだ。

              なんでもこんな風にいくといいのだけれど。
              先日筋まきをしたお米の苗は、ハウスの中で育てているのだけれど、成長がかなり悪いらしい。
              なかなかうまくいかないもんだなぁ。

              まぁ、なにはともあれ、今日の夕食は椎茸にウドにワラビ、お隣さんからいただいたお野菜など。
              自然のめぐみに感謝。

              八百くん誕生、そしてりんごの花が咲き始め・・・

              2015.04.25 Saturday

              0
                なんとも、またまた!!お久しぶりになってしまいました。
                このブログを更新していなかった間に、我が家にもいろいろなことがありました。
                なんといっても、3人目の赤ちゃん誕生!
                やったー!
                お灸や体操などを続けたにも関わらず、逆子がなおらぬままの出産…
                逆子だったので、予定していた助産所での出産はできなかったのですが、3月26日の夜明け前に、なんとか普通分娩で産まれてきてくれました。
                予定日間近で羊水過小症にもなり、帝王切開での分娩も打診されたのですが、3人目の出産ということもあり、おしりからスルンと出てきてくれました。
                2人目の助産所での出産がとっても楽だったので、今回の出産はなんだか楽しみで、陣痛がついてきたときは「よし!やったるで〜!」とヤル気満々でした。
                が、逆子ちゃんはいろいろと大変なもので、想像よりも大変なお産となり、無事に産まれてきてくれた時にはうれし涙が出てしまいました。
                あー、今思い出しても痛かった、痛かった。

                第3子、長男の誕生、お名前は「八百」。
                やお。
                昔から大きな数字は縁起がいい、八百万の神様のご加護があるように、ということで
                そしてうちの標高も800M、ということで…八百くん!
                ありがたいことに母乳もよくでて、1ヶ月検診では特に問題もなく、すくすくと育っているとのこと。
                これからも元気に大きく育ってくださいな。

                先週は長野マラソンがあり、オットさんは記念すべき10回めの出場となりました。
                完走、おめでとう!!
                練習できずに、今回は完走は無理かなぁ、なんていっていたのですが、よかったよかった。

                そしていよいよ、りんごの花の季節がやってきました。
                りんごのお花はとてもかわいらしい!そのかわいい花を摘んじゃうんですけど^^;
                昨日から、花摘みのお仕事もはじまりました。

                2015042520450000.jpg 王林。りんごの種類によって、花の色や形、開花時期も異なります。
                2015042520460000.jpg今日摘んだ花は、あつめて花粉をとります。

                田んぼも先週、筋まき(稲の種まき)をして、苗の準備中。田植えは来月です。
                これから忙しくなってきそうです。

                今年のりんごづくりも、ひとまず終わり

                2014.12.15 Monday

                0
                  いよいよ寒い冬がやってきました。
                  とても忙しかったりんごの収穫、発送の作業もようやく一段落し…
                  と、そうです!!ブログで収穫のこと、発送のことを更新しようと、毎日まいにち思い続けてきたのに、こんなに更新が滞ってしまいました。
                  毎日、少しでもいいから、ブログを更新しよう。と、そう思っていたのですよ、本当に。
                  なんて、また言い訳をしてしまいました…そう、忙しさを理由に、PCから離れていただけです。
                  よし、これからはまた更新するぞ〜〜!!と、意気込みだけは、今回も満々です。

                  今年は「鹿さん」にたくさん食べられてしまったりで、収穫量が少なめだったこともありますが、ありがたいことにたくさんのご注文をいただいて、りんごはほぼ完売になりました。
                  つくって、食べてもらえる人たちがいること、とても嬉しいです。
                  そして「おいしい」と言ってもらえたときには、本当にやってよかったなぁ、と思います。
                  自分もいつでも好きなときにりんごが食べられて、幸せ。
                  子どもたちも、とりあえず今のところは、りんご大好きっこな様子。
                  よかった、よかった

                  干し柿作りのことやら、パン作りのことやら、子らのことやら、おなかの中の赤ちゃんのことやら、そしてもっともっとりんごのことやらと、書きたいことはたくさんあるので、また更新します。と、かたく決意。

                  気がつけばあっという間にもう年末。
                  クリスマスや、お正月。
                  クリスマスのご馳走に、年末のご馳走に、おせち料理に、おもちつきに、食べる楽しみがいっぱいです。
                   

                  収穫の秋

                  2014.09.29 Monday

                  0
                    こんばんは。
                    お彼岸も終わって、季節はまさに収穫の秋です。
                    我が家も、友人らにお手伝いにきてもらって、なんとか今年も稲刈りが終わりました。

                    2014092907160000.jpg 小花さんも落穂ひろいをして、ちょっとお手伝い。


                    2014092907170000.jpg   糸ちゃんはお茶の時間専門。たべる。たべる。

                    はぜかけをして、2週間ほど天日に干します。
                    そうしたら脱穀をして、いよいよ新米が食べられます^^楽しみ〜

                    今年のお米の出来はイマイチだったのですが、それでも無事に収穫をむかえられて、嬉しいです。

                    りんごも中生種が赤く色づいてきて、もう少しで収穫できそうです。
                    成熟具合を調べるために、ちょこちょこと味見をしていますが…おいしい!!
                    あー、りんご農家になってみて、よかった。
                    来月はみなさんにも「中生種詰め合わせセット」を楽しんでいただけそうです。
                     

                    りんごの詰合せ。そして、いのしし三昧の日々

                    2014.09.12 Friday

                    0
                      こんばんは。

                      少し前に去年買っていただいた方などにりんごのチラシを送らせていただいたところ、さっそくファックスやお手紙、e-mailでご注文をいただいて、とても嬉しいです。

                      月末には中生種の早生ふじや、秋映などが収穫し始められそうです。

                      中生種は秋映をはじめとして、陽光やシナノスイート、ジョナゴールド、北斗など、個性的なりんごが多いです。
                      とはいえ、私も去年りんご畑をやらせてもらうようになるまでは、あまり聞いたこともないりんごの名前ばかり・・・
                      ですが、これがみんなそれぞれおいしい!のです。
                      それで今年は中生種のりんごのおいしさを、りんご畑から遠く離れたみなさんにも知っていただけたらいいなぁ、と「中生種詰め合わせ」というセットを販売してみることにしました。

                      同じく晩生種も「ふじ」「王林」がよく知られていますが、他にもシナノゴールドや群馬名月、あいかの香など、おいしい品種がいろいろあるので、「ふじ+晩生種詰め合わせ」のセットも販売することになりました。

                      りんご、といってもいろいろな品種があり、それぞれの味を楽しんでいただければ嬉しいです。

                      そして、余談ですが・・・
                      最近、近所の山で、仔いのししがたくさん獲れた、というので、1頭分いただきました。
                      いただいた日の夜、夫が冷蔵・冷凍保存しやすいように、お肉を切り分ける作業をしました(うちでは大体こういう場合の肉の処理は夫の担当です)。
                      そして新鮮なレバー、タンをさっそく、焼いて食べてみると・・・
                      うまいッッ!!新鮮なお肉はまったくくせがなくて、シンプルに焼いただけで、おいしいこと、おいしいこと、夜な夜な肉を食べることになってしまいました。

                      子どもとはいえ1頭分ともなれば、すごい量です。
                      普段、野菜ばかりで、肉や魚はほんの少ししか食べない我が家、その我が家が一気に「肉」づき、毎日いのしし三昧。
                      次の日は骨付きのもも肉を、ハーブとオリーブオイルでマリネして、ローストして。
                      2014091222050000.jpg
                      食べ終わった後の骨と骨についた肉は、次の日に野菜と一緒に圧力鍋で煮込んでスープにしていただきました。

                      本日は、いのししのスペアリブを圧力鍋で甘辛味に煮込んでみました。
                      おいしかった、のですが、やはり、肉に慣れていないためか、疲れてきました・・・
                      これで冷蔵保存の分は大体いただいたので、少し休戦したいと思います。

                      それにしても、いのししや鹿さんはとても増えてしまって、困った存在なのです。
                      捕獲した動物たちを食べること、とくに近所の山で獲れた動物たちを食べること、これも地産地消なわけで、大切なことなのかなぁ、と思います。
                      JUGEMテーマ:子育て日記