りんご 徒長枝の剪定に裸族あらわる

2013.08.29 Thursday

0
    りんご、といってもたくさんの品種があるもので
    うちの果樹園でも、さんフジ、王林、ジョナゴールド、陽光、秋映、シナノスイート、つがる、陸奥、シナノゴールド、あいかの香、新世界、北斗、と色々あります。

    早いものはそろそろ収穫の時期を迎えます。
    干しぶどうほどの小さな実だったものが、大きなりんごの実になって、赤く色づいていくのをみるのはやっぱり嬉しい^^

    今日は、保育園をお休みした小花さんも一緒にりんご畑での作業、徒長枝の剪定をしました。

    木の幹や太い枝から、真っ直ぐうえに向かってのびる枝を徒長枝といって、それは無駄な養分の使用を抑えたり、日当たりをよくするために剪定します。

    りんごの実の剪定ももちろん大事ですが、枝の剪定っちゅうものがとても大事らしい…
    あの真っ赤な1個の実の裏側には、いろいろな作業があるものだなぁ…


    2013082920520001.jpg裸族となった小花さん

    小花さんは着いて早々、おしっこをするのに失敗して、裸族となって大はしゃぎ
    おやつはもちろん、りんご。

    それにしても、りんご園での作業は楽しいし、気持ちいい

    なんの品種だか不明のりんご、収穫がすこし遅れてしまったものを、義母が養護施設にもっていって寄付してくれることになって、車に積んで東京へと帰っていった。

    大切に育てたりんご、少しでも喜んでもらえるといいな。

    はじめまして

    2013.08.26 Monday

    0
      長野県千曲市、山道をのぼっていくと、小さな集落があります。
      3年前、わたしたちはその集落の中の、標高800mのひなたざかの家に越してきました。


      いなか暮らしのことや、無農薬のお米作りのこと、りんご園のこと、季節のうつろいのことなど
      書いていきたいと思っています。